アットホームなお店でいただくあっさり系ラーメン

7月に5年目を迎える『食事処 はやし』は、米町公園の向かいにあります。昼はラーメン各種と定食や丼物を提供していて、ランチタイムサービス(11時30分~13時30分)は特に好評。『ミニチャーハンセット(800円)』や『ミニ豚丼セット(800円)』などのセットメニューや、『醤油ラーメン』が通常600円のところを500円などおトク!豚や鶏、魚と、昆布、7種類の野菜などで仕込むスープは、あっさりしているのに奥深さがあって、細麺によく合います。じっくり煮込んである自家製チャーシューはほどよい噛み応えで、豚肉の旨味がしっかり感じられます。夜は居酒屋メニューもプラスされ、壁にオススメが掲示されているので要チェックですよ。なお、価格は税込みです。


men062401醤油ワンタンメン〈800円〉
ワンタンのあんは大きめ。釧路ラーメンらしいまろやかな醤油味のスープは、何度食べてもまた食べたくなりますよ。


men062402かしわラーメン〈750円〉
ラーメンなのに、そば風味のスープが特徴のオリジナルメニュー。若かしわか親かしわのどちらかを選べます。揚げ玉はお好みでどうぞ。



42.972502,144.374776

食事処 はやし

住所:釧路市米町1-1-17
電話番号:0154-41-2236
営業時間:11:00~14:00
     17:00〜22:00
定休日:日曜日、祝日

記事の内容は週刊fit2016年6月24日号掲載時点のものです。

473menu0617アロハのプレミアムぜいたくセット

今日6月17日が誕生日というシェフが、「釧路にはないタイプのお店を」と始めたのが『オムライス&ハワイアン酒場 アロハ』です。いろんな種類のオムライスや、行列のできるパンケーキ専門店で教えてもらったレシピを元にアレンジしたパンケーキが好評。アットホームな店内は、ハワイアンのテイストがこれからの季節にピッタリ! 道東産の卵にこだわり、パンケーキには豆腐と豆乳を使っているのでヘルシーですね。そんなお店の人気メニューを一度に食べられるのが『アロハのプレミアムぜいたくセット(3060円・税別)』。「トロトロビーフシチューオムライス」や「3種類のベリーベリーパンケーキ」「スペアリブ」「サラダ」「タピオカドリンク」に、揚げパンのようなハワイのお菓子「マラサダ」の6品。複数でのシェアもOKなので、ご家族やお仲間でどうぞ。



43.003823,144.350127

オムライス&ハワイアン酒場 アロハ

住所:釧路市新富士4-8-25
電話番号:0154-65-9894
営業時間:ランチ11:30〜14:30(LO)
     ディナー17:30〜23:00(LO)
     スナック21:00〜LAST
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2016年6月17日号掲載時点のものです。

472menu0610てりたまハンバーグ

洋館のようなたたずまいの『手づくりハンバーグ SORA』は間もなくオープンから2周年を迎えます。ハンバーグには牛肉特有のくせがなく、ほど良い脂のりが特徴の地元・標茶産「星空の黒牛」のみを使用。付け合せに旬の地場野菜を取り入れるなど「地産地消」にこだわっています。ふっくらジューシーな『てりたまハンバーグ(1180円)』は、細挽きの牛肉を使用しているため、軽い口当たりの中にもしっかりとお肉の旨みを味わえます。特製の照り焼きソースやとろ〜り半熟の目玉焼きとの相性も抜群!ダイレクトに肉感を堪能したい方には、粗挽き肉を使用した『SORAハンバーグ(1050円)』もオススメ!「星空の黒牛」を使ったパスタやカレーなどもありますよ。※ハンバーグは全てライス&スープ付き、価格は税別です。



43.303539,144.608767

手づくりハンバーグ SORA(ソラ)

住所:川上郡標茶町旭4-6-1
電話番号:015-486-7887
営業時間:11:00~14:00
     17:00~20:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2016年6月10日号掲載時点のものです。

洋食好きにはたまらないミート系のスパゲティ

釧路町別保方面に向かう途中、国道沿いにある『レストラン 麻里の』は、ハンバーグやエビフライ、ステーキなどの洋食メニューが揃います。特に豚肉料理は、すべて阿寒ポークを使っているとのこと。『かきフライサラダ&目玉カレーライス(1000円)』など、2種類、3種類の料理がワンプレートで提供される、コンビセットやトリオセットも好評。スパゲティの自家製ソースは5日~1週間ほど寝かせることで味が熟成し、デュラムセモリナ100%で1.9㎜と、ちょっと太めの麺との相性がとてもいいんです。ミートソース系が多いのですが、『スパゲティーナポリ(990円)』や『とんかつカレーソーススパ(900円)』などもありますよ。なお、表示価格は税込みです。


men061001玉子スパかつミートチーズ焼き〈1130円〉
とろ~りとけるチーズとミートソースが、絶妙のコンビネーション。しかもソースの下に温泉玉子が! やわらかなかつは、薄めに切ってあって、食べやすいんです。


men061002商品名目玉ハンバーグスパミート〈1050円〉
阿寒ポーク100%の挽き肉で作るハンバーグは、ふっくらとした焼き上がり。クセがなく、ミートソースにピッタリ合います。



42.997617,144.432095

レストラン 麻里の

住所:釧路町東陽大通西1-2
電話番号:0154-40-3935
営業時間:11:30~14:15(L.O.)
     17:30~20:00(L.O.)
     水曜日は夜営業なし
定休日:木曜日

記事の内容は週刊fit2016年6月10日号掲載時点のものです。

471menu0603季節の野菜カレー

釧路市湿原展望台内で軽食やドリンクを味わうことができる『レストハウス 憩っと』。『季節の野菜カレー(ざくろ酢ドリンク付き、1000円・税込)』は、これまでは夏季限定のメニューでしたが、地元のファンやリピーターの要望に応える形で今年から通年で楽しめるようになりました。野菜は釧路など地場産の旬のものをゴロッと贅沢に使用。じっくりと炒めたタマネギの旨みが自家製のルーに溶けこんで、まろやかでほど良い辛さに。噛めば噛むほど甘みが増す雑穀米との相性も抜群でヘルシーな一皿です。爽やかな酸味のざくろ酢ドリンクは、湿原の散策などで疲れた体にも嬉しいですね。お食事の後には、タンチョウの形を模した『丹頂ソフトクリーム(350円・税込)』もお忘れなく!(併設の売店でテイクアウト限定での販売です)



43.074045,144.320666

釧路市湿原展望台 レストハウス 憩っと(いこっと)

住所:釧路市北斗6-11
電話番号:0154-56-2424
営業時間:10:00〜16:30(LO16:00)
定休日:無休

記事の内容は週刊fit2016年6月3日号掲載時点のものです。

料理も雰囲気も本格的 まるでアジアンリゾート

エスニック料理が楽しめて、アジアン雑貨や調味料も買うことができると評判の『food cafe Cantika(チャンティカ)』。タイやベトナム、インドネシアなど、東南アジア各国の料理の他、『トルコ風ライス』や『ロコモコ』、『和風スパ』に『ミートスパ』などもあるので、「エスニック料理は苦手」という方も気軽に誘えますね。フォーは6種類あって、一回り小さいハーフサイズはいずれも650円。小食の方はもちろん、腹ペコさんのサイドメニューにもオススメ!夏季限定の冷たいフォーも提供予定なので、今から待ち遠しいですね。パフェやケーキなどのデザートや、お茶類もいろいろあるので、ティータイムのちょっと一服という時にもどうぞ。なお、表示価格は税込みです。


men060301ミーゴレン(サラダ・スープ付き)〈950円〉
インドネシア定番の具だくさんなやきそば。最初甘みが感じられて、辛さが後から追いかけてきます。えびせんは箸休めの他、スープに浸してもGOOD!


men060302担々フォー〈920円〉
爽やかな辛さが、フォーによく合います。野菜と挽肉、香ばしいフライドオニオンが味のアクセントになっているんですよ。



42.999469,144.383655

food cafe Cantika(チャンティカ)

住所:釧路市花園町1-1
電話番号:0154-25-5504
営業時間:月曜~土曜
     11:30~22:00(L.O.21:00)
     日曜 11:30~21:00(L.O.20:00)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2016年6月3日号掲載時点のものです。

467menu0527鉄鍋デミオムライス

釧路赤ちょうちん横丁内に今年の3月にオープンしたばかりの『癒し酒場Potion(ポーション)』。ダイニングバーなどで修行を重ねたマスターが満を持して開いたお店は、木の温もりが溢れる落ち着いた雰囲気です。『鉄鍋デミオムライス(1200円・税込)』は、自家製のデミソースが味の決め手。フォン・ド・ボーとタマネギのペーストに赤ワインをたっぷり加えてコクを引き立てています。牛バラ肉や牛タンを入れて、箸で切れる柔らかさにじっくりと煮込んでいるのでビーフシチューのような味わいを楽しめますよ。道産の卵を使用したふわとろのオムライスとも相性抜群です。鉄鍋で最後までアツアツを食べられるのが嬉しいですね。北釧サバやチーズなどを燻製にした盛り合わせもあり、お酒も進みますよ。日曜日は「昼飲み」と称して14時から営業しています。



釧路市川上町4-1(釧路赤ちょうちん横丁内)

癒し酒場 Potion

住所:釧路市川上町4-1
  (釧路赤ちょうちん横丁内)
電話番号:090-5957-3192
営業時間:平 日/18:00〜ラスト
     日曜日/14:00〜ラスト
     ※食材とお酒がなくなり次第終了
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2016年5月27日号掲載時点のものです。

467menu0527鉄鍋デミオムライス

釧路赤ちょうちん横丁内に今年の3月にオープンしたばかりの『癒し酒場Potion(ポーション)』。ダイニングバーなどで修行を重ねたマスターが満を持して開いたお店は、木の温もりが溢れる落ち着いた雰囲気です。『鉄鍋デミオムライス(1200円・税込)』は、自家製のデミソースが味の決め手。フォン・ド・ボーとタマネギのペーストに赤ワインをたっぷり加えてコクを引き立てています。牛バラ肉や牛タンを入れて、箸で切れる柔らかさにじっくりと煮込んでいるのでビーフシチューのような味わいを楽しめますよ。道産の卵を使用したふわとろのオムライスとも相性抜群です。鉄鍋で最後までアツアツを食べられるのが嬉しいですね。北釧サバやチーズなどを燻製にした盛り合わせもあり、お酒も進みますよ。日曜日は「昼飲み」と称して14時から営業しています。



42.984205,144.389158

癒し酒場 Potion(ポーション)

住所:釧路市川上町4-1(釧路赤ちょうちん横丁内)
電話番号:090-5957-3192
営業時間:平 日/18:00〜ラスト
     日曜日/14:00〜ラスト
     ※食材とお酒がなくなり次第終了
定休日:水曜日

記事の内容は週刊fit2016年5月27日号掲載時点のものです。

手作りハム・ソーセージに合うスパゲティはいかが

MOOの開業当時から営業し続けているという『スモークハウス』。標茶で手作りしているハム、ソーセージ、ベーコンは道産の豚肉や牛肉を使用。それらをスパゲティやカレーの具材にしていて、ここだけにしかないメニューがいただけます。スパゲティ各種の他、『ソーセージカレー』や『メンチカツカレー』など、カレーの種類も多いんですよ。セットメニューや日替わりの『今日のランチ』、『特製ホットドッグ(360円)』や一品料理もあります。ソーセージといえば、やっぱりビールですよね。『ソーセージと生ビールのセット(1200円)』で、定番の組み合わせを楽しむのもよさそう。ハム、ソーセージ類は店頭で購入できるので、お土産にどうぞ。なお、表示価格は税込みです。


men052001ソーセージとハムのスパゲティ〈950円〉
パリッと歯ごたえのあるソーセージは、香ばしくてジューシー。ほのかな酸味と甘みが感じられる自家製のトマトソースにピッタリ!塩味もありますよ。


men052002きのことベーコンのスパゲティ〈950円〉
シメジとレタス、ベーコンが入った、醤油ベースの和風味のスパゲティ。ベーコンの程よい塩味とコクが、シンプルメニューのアクセントに。



釧路市錦町2-4 MOO1F

スモークハウス

住所:釧路市錦町2-4 MOO1F
電話番号:0154-23-0361
営業時間:10:00~19:00
     (季節により変更する場合があります)
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2016年5月20日号掲載時点のものです。

細ちぢれ麺とあっさりまろやかスープのラーメン

益浦の『ラーメン食堂 愛楽亭』は、来年で創業30年を迎えます。「ここまで続けてこられて、皆さまに感謝しています」と店主。トンコツとトリと、魚介系でダシを取ったスープは、まろやかでスッキリとした後味。初めて食べた方でも、どこか懐かしさを感じることでしょう。麺は、あっさり系のスープにベストマッチの細ちぢれ麺。最近、野菜ラーメンをリニューアルしたんだとか。モヤシやタマネギと豚肉を一緒に炒めていて、具材の旨みがスープに染み込み、深みのある味わいに。『塩』『醤油』『味噌』『激辛』の各種があります。『チャーシューおにぎり(100円・数量限定)』は、ラーメンのお供にオススメ!他にカレー味の『カレーたまご(100円)』も好評です。なお、表示価格は税込みです。


men052701味噌野菜ラーメン〈750円〉
自家製味噌で味付けをしたスープはマイルドで、ほのかに甘みを感じます。豚肉と一緒に炒めたモヤシとタマネギが、スープにピッタリ。


men052702塩ラーメン〈600円〉
透き通るスープは、細ちぢれ麺との相性抜群。トッピングの「すりおろし生姜」は少し食べてから混ぜて、味の違いを楽しんで。



釧路市益浦4-1-14

ラーメン食堂 愛楽亭

住所:釧路市益浦4-1-14
電話番号:0154-91-5532
営業時間:11:00~15:00
     17:00~20:00
定休日:第2・第4月曜日

記事の内容は週刊fit2016年5月20日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 72 73 74 Next