Q.釧路川に「一級河川」と表示されていますが、どのような格付けになっているのですか?二級とかもあるのでしょうか?(桜ヶ岡 S・Rさん)

A.国などが重要度によって決めています!


そう言われてみると、確かに「一級河川」と表示されていたような…。で、実際に見に行くと本当に書いてありました!「一級」って一体ナニ?気になりますよね〜。
そこで、釧路市役所の道路河川課でお話を伺ってきました!


「一級河川」など、川の格付けにはどんなものがあるのか教えてください。

河川の分類には、「一級河川」「二級河川」「準用河川」「普通河川」の4種類があります。

それぞれの違いとしては、まず管理の違いが挙げられます。具体的には、次のようになっているんですよ。

  • 一級河川(国)
    ※ただし、都道府県で管理している区間もあります。
  • 二級河川(都道府県)
  • 準用河川(市町村)
  • 普通河川(市町村)

市町村が管理する「準用河川」と「普通河川」の違いは、「河川法」という法律が適用されるかどうかです。普通河川には適用されません。(その他の川には適用されます)


川の格付けは大きさによって決められるのですか?

いいえ。直接の関係はありません。川の大きさではなく「重要度」で決まります。

国が重要だと指定した川(厳密には『水系』)を「一級河川」としているのです。

それ以外で重要な河川は都道府県が「二級河川」として管理しています。以下、「準用河川」「普通河川」と格付けされていきます。

重要度の基準は何ですか?

ひとことで言うと、私たちの生活に関わりが深いかどうかですね。

具体的には、洪水などの水害を防ぐ必要性や、経済的な役割などです。人里はなれた大きい川が「二級河川」で、大きくはないけれど住宅地に近い川が「一級河川」という例もあるんですよ!


何気なく表示されている「一級河川」。その意味をご理解いただけたでしょうか?

なんとなく、「大きい川は一級河川、小さい川は二級河川…」というように、川の大きさで決められているような気がしていましたが、そうではなかったのですね!


記事の内容は月刊fit2005年5月号掲載時点のものです。

Comments are closed.