Q.道外から来る修学旅行生は、釧路のどこを見学しているの?(米町 K・Sさん)

A.道東ならではの体験スポットが人気!


「あのバスガイドさん可愛いいよな〜」「夜はみんなで語ろうね♪」—。男子も女子もワクワクな修学旅行シーズンがやってきました。

釧路の高校生の修学旅行といえば、寺めぐりやディズニーランドなどが定番です。でも、道外の高校生が修学旅行で釧路へ来たら、どの辺りを見学しているのでしょうか?こんな素朴なギモンに、阿寒バス株式会社(愛国191‐208)にお答えいただきました。

道外から来た修学旅行生は、どんなスポットを見学しているのですか?

中心部ですと、和商市場が定番です。名物「勝手丼」をみんなで食べたり、おみやげを選んで楽しんでいるようですよ。でも、駅周辺より阿寒や塘路などを見学することのほうが多いですね。

人気スポットはどこですか?

道東ならではの体験ができるスポットが人気です。阿寒でふくろうの木彫り体験や、マリモ作り、釧路湿原の木道を通ってグルッと散策したり…。湿原に来ると、最初は「歩くの嫌だー」なんて言っていますが、歩いて行くうちに「空気がキレイなので気持ちいい!」と楽しくなってくるようです!

管内ですと、弟子屈の牧場でバター作りや乳搾りなどの酪農体験、塘路でのカヌー体験が人気です。

主に、どの地域から来るんですか?

関東方面が多いですが、大阪、静岡などからも来ますね。もうすぐ東京の中学校が来ますよ。楽しんで行ってほしいですね。

どうやら、釧路管内ならではの「体験モノ」が多いようです。合併して新しい釧路市になったことですし、修学旅行生の見ドコロも増えることでしょう!



記事の内容は月刊fit2005年10月号掲載時点のものです。

Comments are closed.