頭と内蔵を取った魚がこちらの機械へ運ばれると
5㎜の穴に押し出され、
自動的に皮と骨を取った肉だけの状態に!
取り除かれた肉は
銀色の手前のタンクへ集められます。 
 
 
 
 
肉だけに選別されたすり身は、
水洗いと脱水を3回繰り返します。
キレイな水で繰り返し洗うことで、
真っ白なすり身に。

 
段ボールに梱包されたすり身は、
マイナス30度の巨大な冷凍庫で
出荷まで保管。
ここにあるのは、およそ1,800トン!
魚の鮮度などで、
特級・A・2級に3種類に分けられます。
 
 
 
釧路の美味しさを全国へ。
世界一の笹谷ブランド

『㈱笹谷商店』は道内のスケソウダラやホッケから、
かもぼこ・魚肉ソーセージなどの原料となる
すり身を製造しています。
道内はもちろん沖縄にまで
出荷しており、
生産量は年間約3万トンと世界一を誇ります。
かまぼこだと約6億本分(!)。
新たにフリーザーが導入され、
約1時間ですり身を急速冷凍できるように!
世界でも笹谷商店にしかない機械とか。
この他にピリ辛サンマなども
生産しており、
北海道の美味しさを全国へ伝えています。
 
 

 
 
 
 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2012年1月号掲載時点のものです。

Leave a Reply