運ばれてきた生乳は、
ホースを通しタンクへ保存されます。
その際に必ず中をかき混ぜ、
まず品質を検査。
約10tの生乳が1日に50台ほど運ばれます。
 

 
パイプにつながった奥にある機械は、
全長20mもある巨大な乾燥機。
クリーム部分を抜き
凝縮したミルクは最上部から噴射され、
最下層へ届いた頃には
粉状の脱脂粉乳に!

 

 
 
こちらはバター製造機。
クリームに衝撃を与えてバターミルク、
バターつぶに分け、練りあげます。
その後さらに塩分を加えて
練られています。
 
 

 
 
バターはパイプを通って運ばれ、
アルミを巻いて箱に詰められます。
この10gに切れているタイプのバターは、
特殊技術でカットされた後に
運ばれてきます。 
 
 

 
 
箱に詰められたバターは探知機を通り、
異物が混入していないかを
検査します。
切れているバターは、
キチンと10個に分かれているかもチェック!
 
 

 
 
バターが運ばれ、ケーサーという機械で
箱詰めに。
この際30分に1回ランダムに製品を抜き取り、
品質検査を行なっています。 
 
未来は、
ミルクの中にある。

51年目を迎える磯分内工場では
家庭用のバターなどを、
道東地区の生乳で製造しています。
200gある『雪印北海道バター』は
1日に10万個が出荷されていますよ。
また100gの『切れてる雪印北海道バター』も
作っており、この特殊なカットができるのは
世界的にもこの工場だけ!
また監査を工場内部・
社内・社外で行なうという、
厳しい品質管理を経て
皆さんの家庭に届けています。 
 
 

 
 
 
 
 
 
※記事の内容は、月刊fit2012年3月号掲載時点のものです。

Leave a Reply