○月○日 鶴居村『ハートン・ツリー』に行ってきた。


心がこもったおもてなしを受けて、嬉しくない人はいないハズだ。「いらっしゃい!よく来たね〜」という相手の思いが伝わるほど、心がほくほくと温まっていく。『お客さん』という枠を超えて大事にされている…という気持ちに、なるからかもしれない。



そんな『もてなされたい欲』を存分に満足させてくれるお店が、鶴居村を見渡す丘の上のカフェ『ハートン・ツリー』だ。お世辞にも立派とはいえない小さな店だけど、見た目からは想像もつかないほど大きな優しさで溢れている。それは「来てくれる人は、お客さんっていうより友達感覚だから」と笑う、オーナーシェフである服部さんの人柄によるものだろう。特別なことは何もないけれど、スペシャルな真心が溢れている空間だ。遠方から来るリピーターが多いのにも、納得できる。



メニューはさほど多くないけれど、全てが服部さんの手作り。フードやドリンク類のほかに、朝焼きのパンもある(パンだけ買いに来るお客さんもいるし、売り切れちゃうことも多い)。野菜・チーズ・小麦など、なるべく地場産の材料を使うことを心がけていて、特に鶴居産の牛乳は全てのメニューに使われているんだって!そもそも11年前にこのお店をオープンする前は酪農のヘルパーをしていたという服部さんだから、「鶴居の酪農を応援したくて!」との気持ちがメニューにも表れているんだろうと思う。



だからかなぁ…月並みな言葉かもしれないけれど、本当に『やさしい味』なのだ。材料を生産する人・食べてくれる人・鶴居の自然…色んなものに感謝している想いが、しっかり伝わってくる。コレって、すごいことじゃない?予約でパーティー・ディナーなども受け付けてくれるそうだから、相談してみるといいと思う。「こんな風にしたい!」という要望が叶うよう、知恵を絞ってくれるだろう。



そうそう。カフェとしての営業のほかに、料理教室やゲストハウスもある。小さなお子さんを連れての参加もオッケーという料理教室は、ほんわかムードが好評なんだって!服部さんのお母さんが子どもをみていてくれるので、毎日慌ただしく育児に奮闘するママさんもリフレッシュできるんだろうなぁ…。そういえば、子育てに疲れたお母さんが「疲れたから休ませて〜!」とゲストハウスを訪れたこともあるそうだ。「来た人が元気になれる場所である為に、自分ができる精一杯を」だなんて、その気持ちだけで元気になれそうな気がするから不思議。人のやさしさや温もりって、伝染するものなのかも…。一度『ハートン・ツリー』の扉をくぐれば、きっとそう実感できると思う。



カフェ&レスト ハートン・ツリー

住所:鶴居村字雪裡496-4

TEL:0154-64-2542

営業時間:10:00〜17:00(17:00以降は、要予約)

定休日:木曜日

HP:http://www.heartntree.com/
[googlemap lat=”43.228157″ lng=”144.331376″ width=”500″ height=”250″ zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道阿寒郡鶴居村雪裡[/googlemap]


記事の内容は月刊fit2010年2月号掲載時点のものです。

Comments are closed.