Q.新釧路川の両岸にある、電光掲示板。道路からは見えないけど、誰に見せるためのものなんですか?(文苑S・Iさん ほか)

A.川辺にいる人達に見せるもの!


新年明けましておめでとうございます。今年も我々『たしかめ隊』は、皆さんの疑問をどしどし解決していきますよ。どうぞよろしくお願いしま〜す!さて…2008年一発目の依頼は、新釧路川両岸にある電光掲示板について。皆さん見たことありますか?


川沿いの道路脇に設置されている、この掲示板。『河川情報』と書いてあることから、「川の情報を流す掲示板なんだろうなぁ」と想像はつきます。でも、運転中のドライバーからは画面の文字がほとんど読めないんです!一体、誰に見てもらうためのものなんでしょう?隊員は、釧路河川事務所(0154-38-8300)にお話を伺いました。



去年の3月から稼働している(試験期間をのぞく)、この電光掲示板。その対象者は、『川で散歩をしている人や、パークゴルフ等を楽しんでいる人たち』でした!新釧路川両岸に全部で6ヶ所設置されていて、川辺のどこにいても見通せる仕組みになっているんですって〜。表示内容は、注意報・警報や気象情報などなど。例えば地震が起きて津波の危険が迫ったら、「ただ今この区域に津波警報が発令中!」といった情報が表示されます。『津波・地震・災害・気象・洪水警報』など、危険の度合いによって『その時一番重要な情報』を優先して流してくれるんです。『警報』の表示を見たらすぐに川から離れ、安全な場所へ避難しましょうね〜!ちなみに、危険や異常がない時は、写真上のような『標語』が表示されていますよ。


道路沿いからは、大きすぎて読めなかった掲示板ですが…。こうして川辺から眺めると、たしかに文字がハッキリくっきり見えますね〜。今後は、地域情報なども表示する予定だとか。非常時に限らず、頼りにしてくださいねっ!




記事の内容は月刊fit2008年1月号掲載時点のものです。

Comments are closed.