Q.『釧路新道』を通るのが、ちょっとコワイ…。スムーズに走るコツを教えてほしい!(鳥取 K・Aさん他)

A.安全な速度で、落ち着いて走ろう!


ちょうど1年前に、大楽毛〜道道53号の区間に新しく開通した『釧路新道』。当初たしかめ隊はイチ早く調査し、「交通の流れがスムーズになった!」と報告しました(覚えていますか〜?)。あれから1年、またまた『釧路新道』の調査依頼が届きました!えっ、新道を走るのがコワイ…!?それは無視できません!隊員は張り切って、『釧路新道をスムーズに走るコツ』を確かめましたよ〜。お話を伺ったのは、釧路道路事務所(釧路市貝塚3-3-15)です。



安全なスピードで走ろう!

前回の記事では、国道38号から釧路新道への合流地点について、『本線を走っている車は右車線に寄るなどして、ゆずりましょう』と伝えました。すると読者から、「ゆずった直後に、『左へ寄ってください』と案内看板が…」との意見が。でも、ご安心ください!合流地点から『左へ寄ってください』の案内までの距離は、十分に取ってあるんですよ!制限速度をきちんと守って走れば、スムーズに左へ寄れるようになっています。安全速度を厳守して、お互いにゆずり合って走りましょうね!!(隊員からもお願いしま〜す)



落ち着いて走れば、恐くないぞ!

国道と釧路新道がぶつかる交差点は、とっても広いです。右左折をする時は、間違えて対向車線などに進入してしまわないよう気をつけてくださいね。釧路新道は、運転者が『安全・便利』に走行できるように…と、かなり綿密に計算されて作られているんですよ。案内看板や道路標示をよく見て、落ち着いて走ることがポイント。もちろん、安全速度で走ることが必須です!

ココで、耳より情報をひとつ♪道路の相談に答えてくれる『道の相談室』があるそうですよ。道路に関して気になっている方は、電話してみてくださいね〜! 0120-106-497(携帯電話不可)



記事の内容は月刊fit2008年2月号掲載時点のものです。

Comments are closed.