釧路にあるスーパー『あいちょう』で、コストコの商品を見かけた。
会員にならなくても買えるのはなぜ?(桜ヶ岡 T・Aさん)

 

札幌にも店舗を構えるアメリカの倉庫型の会員制チェーン『コストコ・ホールセール・ジャパン』。

食品から雑貨まで取り扱っており、ボリュームと低価格が魅力です。

しかし買い物をするには年会費4000円のかかる一般会員になる必要が。

その商品を釧路のお店で買うことができるなんて…どういう仕組み?

 

 

あいちょうでコストコの商品を販売し始めたのは6年前。

柔軟剤のダウニーの販売に始まり、去年からは『コストコ直行便』という大規模なコーナーが設けられるほど!

扱っている商品は主に食品関係で、コストコの会員ではなくても購入することができるんですよ。

なぜあいちょうが一般客に販売できるのかというと…実はコストコは卸売スーパーのようなもの!

会社名の『ホールセール』は大口販売という意味なんですよ。

だからあいちょうはコストコの会員ではないお客さんにも商品を販売することが可能なんですね。

気になる価格は、コストコの店舗価格に配送料と手数料を上乗せしたお値段。

しかしビジネス会員としてコストコの売り場変更の際定番外になった商品を格安で買うことができるため、

消費者にも手頃な価格で販売できているんです。

なるほど、こういった仕組みになっていたんですね〜。

更にあいちょうでは、商品のリクエストも可能!

毎月1週目・3週目の日曜日まで受け付けており、届くのは4日後の木曜日。

札幌のコストコでもう取り扱いのない商品・配送料が高くなってしまう冷凍品や雑貨類のリクエストは難しいですが、

商品の名前・メーカー・品番さえ分かれば基本的になんでもOK。

事前にどれくらいの値段になるのか教えてくれるので、

気になる商品がある方は問い合わせてみては?

ただし情報があやふやだと、多くの商品を扱うコストコでは砂漠で針を探すようなもの。

しっかりとした情報が必要です。

 

あいちょうのコストコ直行便コーナーは隔週の金曜日に新商品が入荷します。定期的にのぞいてみては?

fit-P019-たしかめ隊左

 

fit-P019-たしかめ隊左

 

【取材協力】

卸売スーパーあいちょう芦野店

 

【調査報告】

ビジネス会員なので、

コストコ会員ではないお客さんにも

商品を販売することができていた!

 

※記事の内容は、月刊fit2014年3月号掲載時点のものです。

Leave a Reply