街頭放送で流れているトヨタレンタリースの曲が
『みんな形の車で』と聞こえて、不思議な歌詞だな~と
いつも思うのですが…。   (春日町 Y・Iさん)

 

fit編集室がある黒金町でも外へ出ると、
自然に街頭放送が耳に入ってきます。
そこでトヨタレンタリースのCMを聞いてみたところ、
隊員の耳にも『みんな形の車で』と歌っているように聞こえました!
しかし、歌詞の意味を考えると謎ですよね。
実際にはどんな歌なのでしょう?
 

トヨタレンタリース釧路 釧路店に確認したところ、
正確には次のような歌詞であることが分かりました!
 

好きな形の車で
好きな道を走れる
気楽な旅さ~
気軽な心
トヨタレンタリース

 

『みんな形の車で』と聞こえる歌詞は、空耳だったんですね~。
 

 

ところで釧路市民にはお馴染みの街頭放送ですが、
具体的にはどこにスピーカーが設置されているのでしょう?
放送時間・内容は決まっているのでしょうか?
このような疑問を解決するため、
(株)時事タイムス放送社 釧路事業部にお話をうかがいました!
 

現在スピーカーが設置されているエリアは、
イオン釧路店周辺・イオンモール釧路昭和周辺・
星が浦大通・北大通・共栄大通・新橋大通・
ビッグハウス釧路店周辺・浪花町・城山・
末広町・栄町・愛国商店街など。
スピーカーの台数は、全部で400台位あるのだとか。
 
fit-P016-たしかめ隊2
 

昭和24年に放送を開始した当初は、
ロータリーで四方にスピーカーを設置したのがはじまりで、
その後人通りや商店が多い場所へスピーカーを増やしていくうちに
現在のような広範囲に設置されました。
 

放送時間は8時30分~18時30分まで。
流している内容については、
時事タイムス放送社 釧路事業部の街頭放送担当である安藤さんが、
番組編集を日々行っています。
 
CMについては1社につき、
最低でも1日に8回は流す決まりがあるので、
これを基準に番組構成を考えているんですよ。
 
CMの間にはクラシックや、
季節が感じられるような四季の童謡・
効果音(春ならウグイスの鳴き声など)のほか、
街の人へ向けた呼びかけも流しています。
 
ちなみに、釧路警察署からの注意喚起(防犯・暴力追放・麻薬について)は、
実際に釧路警察署の男性職員が声を吹き込んだものなんだそう。
また子どもの声で「釧路のまちをゴミで汚さないようにしましょう」
などと言っている呼びかけ。
これは釧路・帯広・札幌にある時事タイムス放送社の職員や知人に声をかけて集めた、
3~5歳児の声なんだとか。
プロではなく、案外身近な人の声が呼びかけに使われていたのです!
 

普段から自然と耳に入る街頭放送。
だからこそ、流す内容は趣向を凝らすようにしているんですね。
 
fit-P016-たしかめ隊4
 
 
 

※記事の内容は、月刊fit2015年4月号掲載時点のものです。

Leave a Reply