○月○日白糠町 レストランはまなすに、行ってきた


誰しも『得手不得手』があり、それは飲食店にも適用されると思う。「ここは、オムライスが美味しいから!」「あの店の、親子丼が絶品なんだよ!」なんてセリフ、よく聞くもの。でも、足を運ぶ度に「アレもコレもソレも美味しいんだよなぁ…」と迷ってしまう、『適用外』なお店がある。それが、白糠町の『レストラン はまなす』だ。



国道38号沿いという立ち寄りやすい立地に、『一般的なファミリーレストラン』というべき外観。一見しただけでは特別なトコロはないからこそ、メニュー表に広がる『小宇宙』に度肝を抜かれることだろう。カレー・パスタ・お弁当・丼・スイーツ…ジャンル問わず常時140種類以上もあるのだから、驚くのも無理はないハナシ。定番のほかに旬の食材を使った期間限定メニューも代わる代わる登場するから、いつ行っても『選ぶ・迷う楽しさ』を存分に味わえる。でも、だからこそ「このお店は、何が専門なの?」と聞かれることも多いんだって!うん…聞きたくなる気持ちもわかる(笑)。これは、先代が和食・現在のマスターが洋食やイタリアンを得意としていて、それが融合したから生まれたスタイルなんだとか。


「自分の中に引き出しが沢山できたから、イメージしたものが実現できるようになったんです。今は、作るのが楽しくて仕方ない!」とは、マスターの弁。そんなマスターだから、お客さんのリクエストに応じてメニューにないものを作ることも少なくないそうで。「こういうものが食べたい!」に応えてくれるお店って、すごく貴重だと思うなぁ…。


そうそう。『白糠を食べよう!』をモットーに、地場産の食材を積極的に使っているのも大きなポイント。ただ漫然と使うのではなく生産者とも連携を取って、その食材を熟知した上で料理に昇華しているんだろうなぁ…と思わせてくれる、オリジナリティ溢れるメニューばかりだ。これほど多彩にアレンジされたら、食材としても本望だろう。もちろん、食べる方だって「道東に住んでいて良かったぁ!」と、感激すること間違いナシだ。



『はまなす』のメニューは、マスターが持つ『料理に対しての凄まじい探求心』から生まれるといっても過言ではない。ベーコン・ソース・ピザの生地に至るまで手作りを貫き、果てはプリンの瓶詰めまで行うというから、ビックリしてしまう。そんなマスターのブログには、食材への愛・料理を楽しんでいること・生産者や白糠という土地への感謝がギッシリ詰まっているのだ。『はまなす』を訪れる楽しさが倍増するから、ぜひチェックしてみてほしい。…忙しさゆえ、更新頻度はあまり高くないけれどね(笑)。




レストラン はまなす

住所:白糠町東2-南2

TEL:01547-2-2188

営業時間:11:00〜14:30、17:00〜21:00

定休日:水曜日

HP:http://hamanasu1990.web.fc2.com/

[googlemap lat=”42.954464″ lng=”144.077471″ align=”undefined” width=”500″ height=”250″ zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道白糠郡白糠町東2条南2丁目[/googlemap]


記事の内容は月刊fit2010年4月号掲載時点のものです。

 

Comments are closed.