‘うちの看板MENU’ カテゴリの記事

 緑ヶ岡にある、かわいいパンダの看板が目をひく『くまねこ食堂』。店内にはカウンターや椅子席、小上がりもありますよ。定食や中華から丼物にカレー、パスタにピザ…などなど、メニューも豊富。ランチはもちろん、夜限定のおつまみメニューとともにお酒を愉しむこともできますよ。そんなくまねこ食堂に、この冬注目の新メニューが登場!『ほろ酔いセット(1500円)』は、ピリ辛メンマ・枝豆・冷奴のおつまみ盛り合わせに揚げ物一品、お好きなアルコール2杯が付いたお得なセット。揚げ物は、ザンギか串揚げ。ザンギはプラス100円でザンギネギソースに変えることができます。串揚げは海鮮が中心で、エビフライ・レンコンエビフライ・キスフライ・舌平目のオクラ巻・イタヤガイの5本。アルコールは生ビールやサワー、焼酎などからお好きなものを選べます。※価格は税込です。



42.988391, 144.413246

くまねこ食堂

住所:釧路市緑ヶ岡4-9-19
電話番号:0154-42-2088
営業時間:11:30〜15:00(LO14:30)17:30〜23:00(LO22:30)
定休日:火曜日(不定休有)

記事の内容は週刊fit2018年12月21日号掲載時点のものです。

 入江町にある『うるとら食堂』は、好きなメニューを自由に選べるカフェテリア形式のお店。豊富なメニューとボリューム感が人気です。地場産のハモを使った『はも丼』や阿寒ポークを使った『豚丼』など丼ものにも力を入れていて、特にオススメなのが、北海道産四元豚のロースをたっぷり使った『金の豚丼(980円・税別)』。四元豚のやわらかい肉質と上品な甘さが特徴で、ボリューム満点なのに食べ飽きしない一品です。甘辛く仕上げた自慢のタレはもちろん自家製!温泉卵をくずしながら味の変化を楽しめますよ。「ハーフ」や「肉特盛」にできるのも嬉しいですね。そのほか、旧太平洋炭砿「抗口食堂」の味を再現した『炭砿ラーメン(498円・税別)』も大好評。あっさり醤油味のスープと細縮れ麺という懐かしい味わいに、リピーターの多い一杯です。



42.999296, 144.399193

うるとら食堂

住所:釧路市入江町12-42
電話番号:0154-31-5577
営業時間:11:00〜22:00(LO.21:45)
定休日:なし(年末年始を除く)

記事の内容は週刊fit2018年12月14日号掲載時点のものです。

 久寿里橋のたもとにある『ベルジュ・エーワン』は、釧路川の流れや美しい夜景を眺めながら、おいしい料理とお酒を味わえるビストロバー。パスタやピザも人気ですが、ガッツリ食べたい日には『スペアリブ(1480円・税別)』もオススメ。約500gというボリュームにも驚きますが、まず塩水に漬けて血抜きをし、圧力鍋でやわらかく煮てからフライパンで仕上げるという細やかなこだわりが、食べ飽きしないおいしさの秘密。ニンニク、醤油、ケチャップ等を合わせた特性ソースとも相性抜群です!自家製の生姜シロップで作ったジンジャーエールもぜひどうぞ。そのほか各10種類のピザとパスタに、ハイボールやサワー、ワイン等をたっぷり楽しめる『ピザ&パスタ食べ飲み放題(3000円・税別)』も大好評!大切なデートや友人との食事会にいかがですか?



42.983587, 144.390108

ビストロバー ベルジュ・エーワン

住所:釧路市川上町2-2-12
電話番号:0154-65-7788
営業時間:17:00〜24:00(LO.23:30)
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2018年12月7日号掲載時点のものです。

 7月にリニューアルオープンした『濱焼 北海道 魚萬』は、全国各地の漁港や漁師さんから仕入れた新鮮な魚介類が楽しめる人気店。刺身、焼き物、揚げ物など素材を生かして調理される幅広いメニューが揃い、そのどれもがリーズナブルでボリューミー。数ある人気メニューの中で、看板メニューは『魚萬三種丼』(1185円)で、イクラ、ウニ、カニがたっぷり乗った絶品です。コンブ、刺身、本醸造の3種の醤油からお好みの味を選んで食べるのがおススメ。ワサビの他、カニミソもトッピングされているので、途中で味に変化をつけても楽しいですね。1月26日まで受け付けている『平成最後の忘新年会!「早割」』は、通常2時間の飲み放題が3時間に延長されたり、10%割引されたりお得なプランが盛りだくさん。詳しくは電話でお問い合わせください。※料金は税別です。



42.984701, 144.387907

濱焼 北海道 魚萬

住所:釧路市栄町5-4 第2オリエンタルプラザビル2階
電話番号:0154-22-8988
営業時間:17:00~0:00(月~木曜日、日曜・祝日~1:00、金・土曜日・祝日前~3:00)
定休日:年中無休

記事の内容は週刊fit2018年11月30日号掲載時点のものです。

 「にくきゅうぱん」でおなじみの『やきたてパン フランダース』が、以前三共パンがあった場所に移転し『パン工房 フィセル』として新たにオープンしました。「ひやしめろんぱん」やキャラクターモチーフのパンなど、オリジナリティあふれるパンが並ぶ店内で、ひときわ目を引くのが「愛をかたちにした食パン(プレーン100円・イチゴジャム130円・各税込)」。かわいいハート形のパンは、お皿にのせるだけで食卓が楽しくなりますね。SNS映えもするので、ちょっとしたお礼や手土産にも喜ばれそう♪ほかにも、ヨーロッパ産バターとフランス産の岩塩を使った「塩パン」をはじめ、ミニクロワッサンやメロンパンも大人気。おやつにピッタリのラスクもありますよ。今月末からは、クリスマスに向けて「シュトーレン」の販売も始まります。どうぞお楽しみに!



42.995910,144.383441

パン工房 フィセル

住所:釧路市若松町19-9
電話番号:0154-64-6780
営業時間:8:30〜18:00
定休日:日曜日・第2・第4月曜日

記事の内容は週刊fit2018年11月22日号掲載時点のものです。

 釧路市の郊外にある、まるで童話に出てきそうなお店『レストラン オズ』。8月から登場した新メニュー『花畑牧場のラクレットチーズとジャンボソーセージの鉄板焼き(1100円)』は、濃厚なチーズが嬉しい一皿です。アツアツの鉄板の上にはジャンボソーセージに素揚げ野菜。ブロッコリーやナスなどが彩りを添えています。その上に独特の香りとナッツのようなコクのある味、なめらかな舌触りのラクレットチーズがたっぷりと。ソーセージはクセがなく、チーズとの相性がバッチリです。自家製のトマトソースは、味のアクセントとして楽しめますよ。パンorライス、ミニサラダ、コーヒーor紅茶付きのセット(1500円)も。ワインやビールのおつまみに、セットでお食事に。ランチやディナーなど、シチュエーションを問わずに味わえる逸品です。
※価格は税別です。



43.028782,144.322620

レストラン オズ

住所:釧路市鶴野143-13
電話番号:0154-52-5452
営業時間:日・月・水/11:00〜21:30(LO20:30)木・金・土/11:00〜22:00(LO21:00)※祝日を除く平日(月〜金)15:00〜17:00はクローズ
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2018年11月22日号掲載時点のものです。

 貝塚の住宅街にある『りょう雅』は、自宅の一部を店舗にした民家レストラン。長年飲食業に携わってきたオーナー夫婦が新しく始めた、大人の隠れ家的なお店です。『天ぷら定食(1350円・税込)』は、サクッと揚がった海老や茄子などの天ぷら5点盛りに、ご飯・味噌汁・サラダ・香の物がついてボリューム満点。さらにコーヒーとデザートもつきますよ。自家製の〆鯖など旬のネタがたっぷりのった『海鮮丼(1200円・税込)』もオススメ。定食や丼のほか、そばメニューも楽しめます。ゆったりした店内はまるで友人の家に招かれたような居心地のよさ。リラックスしてつい長居してしまいそうです。ご夫婦2人で切り盛りしているので、時間にゆとりをもってお出かけくださいね。5名様以上はご予約を。大進スケートセンター南側、「りょう雅」の看板が目印です!



42.998061,144.417931

りょう雅

住所:釧路市貝塚3-7-22
電話番号:0154-41-3210
営業時間:11:00〜17:00(LO.16:00)
定休日:日・月曜日

記事の内容は週刊fit2018年11月16日号掲載時点のものです。

 釧路公立大学そばの『ビストロ ラ・ナチュール』は、本格フレンチをカジュアルに楽しめるレストラン。コースはもちろん一品料理も豊富なので、友人との気軽なランチから大切な日のディナーまで様々なシーンにぴったりのお店です。看板メニューの『ポークカツのモッツァレラ焼き(1380円・税込)』は、サクッと揚げ焼きした豚ロースのカツに北海道産のモッツァレラチーズをのせ、トマトベースのソースを添えた彩り鮮やかな一品。ロース肉はシェフ特製のマリネ液に漬け込んでから調理しているので、やわらかくてとってもジューシーですよ。厚岸スターファームのレタスなど、新鮮な野菜も一緒に楽しんで。各種パーティープランも充実しているので、お祝い事やサプライズなど気軽にご相談を。ブックオフの契約駐車場をご利用になれます。



43.017784,144.393199

Bistro La Nature(ビストロ ラ・ナチュール)

住所:釧路市芦野5-27-18
電話番号:0154-35-1669
営業時間:月〜金曜日11:00〜14:00/18:00〜21:00 土・日・祝11:00〜14:00/
     14:00〜16:00(ティータイム)/18:00〜21:00
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年11月9日号掲載時点のものです。

 9月にオープンしたばかりの『リバティマム』は、レンガ調の落ち着いた雰囲気が印象的な軽食喫茶。家族で切り盛りしているアットホームなお店です。店内はテーブル席のほかカウンターや小上がりもあり、家族や友人と食事を楽しむもよし、一人でゆっくりお茶を飲むもよし、気分に合わせて自由に過ごせます。料理はカレーやハンバーグ、定食など日替わりメニューを中心に種類も豊富。なかでも『チキンステーキセット(1100円・税込)』は、熱々の鉄板で焼き上げた自慢のメニューです。表面をカリッと仕上げた鶏もも肉は、口に入れるととってもジューシー!ライスまたはパンにスープか味噌汁がついてボリュームも満点です。ビーフやポークのステーキもありますよ。イベントやミニパーティーの企画にも対応してもらえるので、気軽に相談してみて♪



42.991297,144.392000

リバティマム

住所:釧路市川北町4-3
電話番号:090-6442-2328
営業時間:9:00〜21:00
定休日:月曜、第1・3火曜日

記事の内容は週刊fit2018年11月2日号掲載時点のものです。

 これからの季節にピッタリな「一人鍋」をはじめ、様々な豆腐料理が味わえる『二代目 すぺぇど』。中でも、麻婆豆腐好きの店主が試行錯誤して作り上げた『四川風麻婆豆腐(700円・税込)』は必食です!美味しさの秘訣は、爽やかな香りが特徴の赤山椒。鶏ガラのスープをあわせることで、コクをプラスしています。ピリ辛の麻婆豆腐のお供には、ぜひ生ビール(500円・税込)をどうぞ!辛さはお好みで調整ができるので、オーダー時に相談をしてみてくださいね。他にも、お酒がすすむと評判の自家製の食べるラー油を冷奴にのせた『鬼奴(おにやっこ)』や、小麦粉の代わりに半丁の豆腐を加えてヘルシーに仕上げた『豆腐のお好み焼き』などがあります。ドリンクも『すっぺぇどりんく』といったオリジナリティ溢れるメニューが揃っているので、併せて注目を。



42.984229,144.389084

二代目 すぺぇど

住所:釧路市川上町4-1(赤ちょうちん横丁内)
電話番号:080-5728-4110
営業時間:18:00〜1:00
定休日:日曜日(月曜日が祝日の場合は、月曜定休)

記事の内容は週刊fit2018年10月26日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 44 45 46 Next