伝統の中に光るオリジナリティ

昭和48年創業の『川北 東家』は、昨年7月に店舗を改装しました。小上がりやテーブル席がゆったりめで、喫煙ルームやカウンター席もあり、誰と何人で行っても落ち着いて食事を楽しめます。
『東家』の伝統を守りつつも、新たな挑戦も続けていて、オーソドックスなものから個性的なメニューまで、何度行ってもまた行きたくなりそう。夏にウレシイ冷たいそばも、「ざる」や「もり」以外にもバリエーションが豊富!「ぬき」も、定番の「かしわぬき」(450円)の他、「とじぬき」(450円)や「親子ぬき」(550円)、「カレーぬき」(550円)などがあるんですよ。釧路らしい、東家ならではの緑色のそばの中に、キラリと光る個性を楽しめるお店です。


冷し天うめおろし(1,150円)
この夏の新メニューは、店員さんのアイディアから誕生しました。
梅の酸味とエビ天の旨みがマッチした逸品です。


ごぜんコース(1,600円)
エビの冷し天と山菜、めかぶおろし、うめおろし、冷しとろろの5つの味を少しずつ楽しめます。
ミニかしわぬきも付いてますよ。


鴨せいろ(1,100円)
歯ごたえのある鴨肉と、ネギの甘みがクセになりそう!
鴨のダシが効いた温かいつゆは濃厚で、そばによくからみます。


その他のメニュー

とりざる…850円

無量寿…800円

冷しとろろ…850円



北海道釧路市川北町7−14

川北 東家

住所:釧路市川北町7-14
電話番号:0154-23-1750
営業時間:11:00〜21:00(水曜~土曜)
     11:00〜16:30(月曜)
     11:00〜20:00(日曜)
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2011年7月15日号掲載時点のものです。

Comments are closed.