伝統の中に光るアイディア

南大通の一本裏にある『ぬさまい東家』は、その名の通り幣舞橋のすぐそば。昭和28年創業で、38年に現在の場所に移転した、歴史あるそば店です。付き合いの長い常連さんが多いのも納得の、伝統を感じる佇まい。初代店主は竹老園出身で、現在は三代目が切り盛りしています。東家らしい緑色のそばはコシがあり、まろやかなそばダレは釧路人には馴染みの味。定番はもちろん、独自のアイディアを生かしたメニューも次々と生み出していて、何度行っても飽きないでしょう。 出前もしていますよ。サラリーマンはもちろん、2階にはゆったりとしたお座敷もあるので、ご家族連れや団体さんにも好評です。


皮かしわ〈800〉
親鶏の皮とかしわ肉が入っていて、
ダブルでダシが出るんです。
コリコリとした食感も人気のヒミツ。


五目あんかけ〈850円〉
タレにとろみがついていて、生姜を
トッピングできるので、ホッカホカに!
海老や山菜など、具だくさんです。


冷やし天ぷら 〈900円〉
冷たいそばに、カラッと揚がったエビ天が
絶妙のコンビネーション。
カイワレの苦味と海苔の風味が生きています。


その他のメニュー

とりざる …750円

かけあんかけ…650円

なべ焼きうどん…800円



北海道釧路市南大通1丁目1−5

ぬさまい東家

住所:釧路市南大通1-1-5
電話番号:0154-41-5768
営業時間:11:00〜19:00
定休日:火曜日

記事の内容は週刊fit2012年3月16日号掲載時点のものです。

Leave a Reply