津軽出身の店主の笑顔と大皿に盛られたお袋の味を存分に堪能

創業38年目を迎える『津軽』は、おふくろの味が愉しめる居酒屋。店主は青森の津軽出身で、店内もねぶた柄などで飾られた味のある雰囲気です。「お客さんが大好きで、とにかく喜んでもらいたい」と笑う明るい店主に惹かれ、開店当初から通い続けるお客さんも。また節目には記念パーティーが開催され、30周年の際には230人もの〝津軽ファン〟が集結しました。メニューは日替わりで煮物・揚げ物・お浸しなど田舎料理が13品以上。これらが全て1000円で食べ放題というから驚きです。サラリーマンのファンが多いのも納得の、行きつけにしたいお店です。


肉じゃが(日替わり)
味が中までよく染み込んだ肉じゃが。
厚切りの豚肉まで柔らかく、
優しい味に仕上がっています。


玉子焼き
このお店と言えばコレ!
という方も多いという、看板メニュー。
まろやかさの正体は、隠し味のマヨネーズです。


カレイの煮付け(日替わり)
甘じょっぱい煮汁で味付けされた厚みのカレイは、箸を入れると身がほろりと解けます。



北海道釧路市川上町4丁目1

炉ばた 津軽

住所:釧路市川上町4-1
電話番号:0154-25-5949
営業時間:17:30〜翌2:00
定休日:日曜日・祝日

記事の内容は週刊fit2013年6月21日号掲載時点のものです。

Leave a Reply