釧路町の食材を生かした麺類はいかが?

別保公園内の『Park Cafe ロ・バザール』は、仙鳳趾のカキや海藻ポーク、生姜など、釧路町産の食材を生かした料理を食べられるカフェレストラン。麺類はスパゲティや、昆布森産の昆布を練り込んだ「昆布そば」が各種揃ってます。他にも『海藻ポークの生姜焼き定食(920円)』や『仙鳳趾カキフライ定食(1000円)』に、丼ものやカレーライスなどもありますよ。3月中旬からは、ソフトクリーム「クレミア」がくしろ初登場! 生クリーム分が多く濃厚で、ラングドシャのコーンと、プレミア感たっぷりなんだとか。看板メニューの『カキボナーラ(1000円)』は、現在仙鳳趾が稚貝を育てる時期で数量確保が難しいため、5月半ばからの再登場予定です。なお、表示価格は税込みです。


men031101スパカキ〈1,000円〉
仙鳳趾産のカキフライは衣がサクッとしていて、中のカキはクリーミーな、釧路町ならではの一皿。ミートソースとカレーソースのどちらかを選べます。


men031102和風きのこスパゲティ〈650円〉
きのことベーコンのスタンダードなスパゲティ。醤油ベースのさっぱりとした味付けで、老若男女に幅広く愛されています。



釧路町別保原野 南24線78-6 別保公園内

Park Cafe ロ・バザール

住所:釧路町別保原野南24線78-6 別保公園内
電話番号:0154-62-3001
営業時間:10:30〜18:00
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2016年3月11日号掲載時点のものです。

Leave a Reply