素朴でどこか懐かしい半世紀の歴史と伝統を受け継ぐ味

昭和24年に製麺会社として雄別で開業後、ラーメン店として昭和45年に白糠駅前へ移転。古くから地元の人々に愛されてきた『老麺 やはた』のこだわりは「自家製」。麺やスープはもちろん、チャーシューやワンタン、メンマなど具材の一つ一つまで丹精を込めて手作りしています。コシのある細めの縮れ麺は、とんこつと魚介だしをベースにしたスープとの相性も抜群!あっさりしすぎず濃すぎずにちょうど良く、どこか懐かしさを感じさせる優しい味わいですよ。道東道の開通でますます来店しやすくなった同店。麺とスープの他にチャーシューとメンマがついた持ち帰り用(1箱2食分・1400円)はお土産にもピッタリ!お店の味をお宅で楽しむことができますよ。※価格は税込です。


men040101しょうゆチャーシューワンタンメン〈950円〉
大判のチャーシュー3枚にワンタンが6個入ってボリュームたっぷり!


men040102商みそチャーシューメン〈950円〉
コクがあるのにくどくない!一度食べたら病みつきになる人気メニュー。



白糠郡白糠町東一条南1-1-41

老麺 やはた

住所:白糠郡白糠町東一条南1-1-41
電話番号:01547-2-2317
営業時間:11:00〜20:00(スープがなくなり次第終了)
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)

記事の内容は週刊fit2016年4月1日号掲載時点のものです。

Leave a Reply