山花温泉リフレの中にある『レストランはなしのぶ』は、和食と中華を中心に、地元の食材を使ったヘルシーな食事を楽しめるレストラン。宿泊客・入浴客はもちろん、ドライブの途中に立ち寄る人も多い人気のお店です。新メニューの『回鍋肉かけご飯(スープ・ザーサイ付き・820円・税込)』 は、野菜たっぷりの回鍋肉と道産米のご飯をワンプレートにしたお得なメニュー。キャベツ、ピーマン、パプリカなど、野菜はできるだけ地元のものを使用し、シャキッとした食感に仕上げています。コクのある味の決め手は赤味噌とオイスターソース。さらに甜麺醤と豆板醤の甘辛味がお肉によく絡み、ご飯が進みますよ。入浴券とセットになったお得なメニューもオススメ!温泉もグルメも両方楽しみたい方にピッタリです。



43.078984,144.230530

山花温泉リフレ レストランはなしのぶ

住所:釧路市山花14-131
電話番号:0154-56-2233
営業時間:11:30〜21:00(LO.20:30)※15:00〜17:00はドリンクのみ
定休日:なし

記事の内容は週刊fit2018年10月5日号掲載時点のものです。

 摩周駅前のお食事処「ぽっぽ亭」が、『食堂と喫茶 Poppotei』としてリニューアルオープンしました。店名の通り、以前にはなかったデザートなどの喫茶メニューが新登場!さらに増築&リノベーションを行い、モダンでオシャレな雰囲気の店内でお食事が楽しめるようになったんです。そんな同店ですが、旧店舗時代からの看板メニュー『摩周の豚丼(1,080円・税込)』は、相変わらずの人気ぶり。秘伝のタレにくぐらせた道産豚ロース肉は、じっくり網焼きに。余分な脂を落としながら、丁寧に焼いていきます。仕上げの黒コショウがアクセントになっており、ご飯がすすむ美味しさですよ。豚丼は大盛(1,250円・税込)・特盛(1,550円・税込)もあり、各お漬物・味噌汁付きです。テイクアウトも可能で、摩周駅では「駅弁」としても販売されていますよ。



43.486688,144.463928

食堂と喫茶 poppotei

住所:弟子屈町朝日1-7-18
電話番号:015-482-2412
営業時間:10:00〜20:00※冬期は19:00までの営業
定休日:不定休

記事の内容は週刊fit2018年9月28日号掲載時点のものです。

正統派博多ラーメンと豊富なメニューに自信あり

 昭和中央に店を構える『博多麺処 上々 ふくちゃん』は、本格的な博多ラーメンやチャンポンからご飯ものまで、色々楽しめるラーメン店。自慢のとんこつスープはクリーミーでコクがありながら、くさみがなく後味もさっぱりしています。オリジナルメニューも豊富で、なかでも『ホルモン焼きラーメン』は研究を重ねた自信作。丁寧に下ごしらえしたホルモンは、驚くほどやわらかくてジューシー!ホルモンが苦手な人にもオススメです。さらに、健康を気にする方のために、糖質カットのロカボ麺も登場。チャンポンと皿うどん以外は、プラス100円で変更できますよ。角煮丼などのミニ丼と通常サイズの博多ラーメンを一緒に楽しめる、お得なセットメニューもぜひどうぞ!なお、価格は税込です。



ホルモン焼きラーメン 930円 
鉄皿で熱々を楽しむ、まさに「焼き」ラーメン。醤油と味噌を合わせた深みのある味わいです。玉子を崩して召しあがれ!



揚げもつラーメン 910円
揚げたてのもつは、外はカリッと香ばしく、口に入れるとふんわり!なお、食材がなくなり次第終了します。



43.024177,144.355084

博多麺処 上々 ふくちゃん

住所:釧路市昭和中央4-3-5
電話番号:0154-51-9841
営業時間:11:00〜15:30/
17:00〜20:00(LO.19:30)
※水曜日は15:30まで
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)

記事の内容は週刊fit2018年9月28日号掲載時点のものです。

 北大通の『海鮮酒場 まるとも水産』は、旬の食材や地元の海の幸・山の幸を豪快に楽しめるお店。仕事帰りのサラリーマンはもちろん、道内外から訪れる観光客にも人気のお店です。この時季に特におすすめなのが『釧路産秋鮭のチャンチャン焼き(750円・税別)』。脂がのった旬の秋鮭に特製味噌だれを塗り、ホイル焼きにしました。味噌のいい香りとふっくらした身に箸が進みます。これからの季節は熱燗にもピッタリ!そのほか、特にこだわりのある牡蠣は、仙鳳趾産を中心に直接買い付け。濃厚でクリーミーな味と鮮度が自慢です。生、蒸し焼き、炭火焼きから握り、カキフライまで、お好きな食べ方でどうぞ。もちろん、飲み放題付き宴会コースも各種ありますよ!カウンターでじっくり派も、仲間とワイワイ派も、一度足を運んでみては?



42.985374,144.383724

海鮮酒場 まるとも水産

住所:釧路市北大通7-2-2-4
電話番号:0154-23-2188
営業時間:17:00〜23:30(LO.23:00)
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2018年9月21日号掲載時点のものです。

静かな住宅街に佇む 喫茶店で味わう 熱々のスパゲティ

 白樺台の住宅街にひっそりと佇む『コーヒー&ランチ えきすとら』は、今年で開店34年を迎える、昭和の雰囲気が漂う喫茶店。サイフォンで丁寧に淹れる『ホットコーヒー』(380円)の香りが店内を包み、、静かな時間が流れます。コーヒーの他、『コーラフロート』や『クリームソーダ』(各400円)など懐かしい定番の喫茶店メニューも。食事は『エビピラフ』、『チキンピラフ』(各550円)の他5種類のご飯もの、『ヤキソバ』(550円)や『ミートスパゲティー』(530円)など5種の麺類の他、軽食では『バタートースト』(300円)、『チョコレートパフェ』(430円)などのデザートも楽しめます。店主一人で切り盛りしているので、できるだけ時間に余裕をもってお出かけください。※価格は税込み。



ナポリタン 550円 
熱々の鉄板で卵を焼いて、スパゲティをのせた懐かしいスタイルのナポリタン。見た目よりもボリュームがあって、まろやかなケッチャップの味わいが口いっぱいに広がります。



オリジナルスパゲティー 550円
タマネギ、ピーマンの他数種類の野菜、エビ、カニカマと中太のスパゲティを自家製の手作りソースで炒めた和風味。一度食べると癖になるおいしさです。



42.961907,144.445195

コーヒー&ランチ えきすとら

住所:釧路市白樺台1-18-17
電話番号:0154-91-9502
営業時間:10:00〜19:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2018年9月21日号掲載時点のものです。

創業103年の老舗が丹精込める、絶品手打ち蕎麦

 創業は大正4年、今年で103年を迎える老舗、『北大通 東家』。現在は4代目が、引き継いだ味を守りながら時代に合わせたメニューを取り入れています。そば粉は摩周産を使用しており、今月の末くらいからは新そばが登場予定。香り高い新そばを堪能してくださいね。宗田節などで取った出汁で作るコクのあるまろやかなタレと、そばの相性はバッチリです。思いっきりそばを味わえる『晩酌セット』は、本日の道産手打ちそばやそばの実を使ったやきみそなど盛りだくさん。ほかにもワンプレートに美しい料理が並ぶ『蕎麦会席』(10日前までに要予約)などのさまざまなメニューが。尚、価格は税込です。



晩酌セット 2,450円 
福司か北の勝1合に、手打ちそば・焼き味噌・そば揚げなどそばづくし!まさにそば屋の晩酌セットです。



二色せいろ 950円
日により、石臼挽きの「貴美せいろ」、更科粉に芥子の実を練り込んだ「けしせいろ」、「田舎そば」の中から2種類が味わえます。



42.98379,144.385352

北大通 東家

住所:釧路市北大通4-3
電話番号:0154-23-9391
営業時間:11:30〜15:00 18:00〜21:00※日曜日11:30〜売り切れ次第終了
定休日:月曜日

記事の内容は週刊fit2018年9月14日号掲載時点のものです。

 『ラーメン えびす家』は、あっさりしたまろやかなスープの『正油ラーメン』(700円)が人気のラーメン店。最近、裏メニュー的だった一品の定食が、北大通り界隈のビジネスマンやOLに大評判に!その名も『もの凄い鯖定食』(800円)。どうしてもの凄いのか?それは、茨城県の神栖市波崎町にある干物屋、越田商店の「もの凄いサバ」を使っているから。このサバは、創業以来45年以上、塩を注ぎ足してきた熟成つけ汁につけ込んで、天日で干した「サバの文化干し」。そのおいしさは全国区で、ブランド的なサバなんです。口に運べば、旨味、塩味、甘みがジュワーッと広がり、まさにもの凄い味わいに感動!他には『焼秋刀魚定食』(1000円)や、『ラーメンと日替わり丼』(900円)なども。午後5時30分からはお手頃価格の居酒屋メニューも豊富に揃っています。※価格は税込み。



42.98603,144.384595

ラーメン えびす家

住所:釧路市北大通8-1(北8ビル裏)
電話番号:090-1382-6915
営業時間:11:00〜14:30 17:00〜21:00
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2018年9月14日号掲載時点のものです。

 栄町にある『串あげ処 のどか』は、地元の食材はもちろん旬の食材を使った様々な串揚げを楽しめるお店。店主のアイデアとセンスが光る独創的な串揚げを食べられます。衣にはきめ細かな特注のパン粉を使用。さくっと軽い口当たりで、素材の味が際立ちます。おすすめは『厳選串揚げコース(3500円・税別)』。ニューカレドニア産の『天使の海老』やマグロ、黒毛和牛とウニなど、厳選した食材の串揚げ10本に串休めの一品、〆に揚げおにぎりのお茶漬けがついてボリューム満点です。ほかにも『おまかせ10本コース』や『おまかせ5本コース』があり、午後9時以降は単品での注文もできますよ。お酒の種類も豊富で、全国各地の銘酒を味わえる『日本酒のみくらべ放題』も好評です。居心地のいい店内で、おいしいお酒と熱々の串揚げをぜひどうぞ♪



42.98301,144.388126

串あげ処 のどか

住所:釧路市栄町2-3
電話番号:090-2690-5453
営業時間:18:00〜24:00(LO.23:30)
定休日:無休(年末年始を除く)

記事の内容は週刊fit2018年9月7日号掲載時点のものです。

 柳橋通に面した『とうふ亭』は、体にやさしくてヘルシーな大豆料理の専門店。大豆は「畑の肉」とも言われ、日本食には欠かせない素材です。看板メニューは『麻婆定食』(1000円)。コクがあって栄養価の高い黒大豆豆腐を使用したメインの麻婆豆腐の他、おからの小鉢、サラダ、おからの漬物、豆乳汁、豆腐のデザート、食後には黒豆茶かコーヒーがセットになった豆腐三昧の逸品です。他にも『豆腐ハンバーグ定食』、『湯豆腐定食』、『豆腐野菜鍋定食』、『あんかけ豆腐定食』(各1000円)があり、どれも好評です。丼や単品メニューも豊富で、特に人気なのが豆腐を使った『ガトーショコラ』や『チーズケーキ』(各200円で予約制)のスイーツで、他に『豆腐アイス』(300円)、おからドーナツ(60円)などもあります。豆腐料理の数々を一度味わってみませんか?※価格は税込みです



43.011162,144.386558

とうふ亭

住所:釧路市愛国東4-12-10
電話番号:0154-65-5938
営業時間:11:00~21:00(LO20:00)
定休日:月・火曜日

記事の内容は週刊fit2018年8月31日号掲載時点のものです。

7種の具材と麺を豪快に混ぜて召し上がれ!

 愛知県名古屋市発祥のグルメ「台湾まぜそば」を食べられるお店が、6月にOPEN!特注の中太麺の上にはニラ・ニンニク・ネギなどをはじめ、醤油や唐辛子で味付けをしたひき肉「旨辛ミンチ」をトッピングしています。さらに味の決め手となっているのが、「本鰹」を使った魚粉。一般的には鯖を使用しますが、あえて鰹をあわせることで蕎麦文化に馴染み深い釧路人好みの味に仕上げているんです。またレンゲに盛られた白米は「追い飯(おいめし)」と呼ばれるもので、いわば〆。器の中に余った具材とご飯を混ぜれば、最後にまた違う楽しみ方ができますよ。「少し辛さが苦手」という方には、辛くない台湾まぜそばがオススメです。
※価格は全て税別です。



台湾まぜそば 850円 
ニラの風味が食欲をそそります。程よい辛さがクセになる美味しさです。



醤油らーめん 700円
旨味を濃縮した魚介系のスープに、細麺をあわせています。厚切りのチャーシューはじっくり煮込むことで、とろけるような柔らかさを実現。



42.984148,144.385489

台湾まぜそばと海鮮串 ㊂藤木田

住所:釧路市末広町5-1
電話番号:080-1871-3403
営業時間:18:00〜3:00※9月9日㈰以降は変更する場合があります。
定休日:日曜日

記事の内容は週刊fit2018年8月24日号掲載時点のものです。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 91 92 93 Next